健 康

おふでさき

天理教 おふでさき 403 にんけんにやまいとゆうてないけれど このよはじまりしりたものなし 天理教 おふでさき 九号 10番 今世意訳 神は人間が神の思いと違うことをしていると、警告として人間の身体に病気等を現わします。神は 陽気ぐらし をしなさ…

おふでさき

天理教 おふでさき 402 月日よりこわきあふなきみちすじを あんぢていれどめへ/\しらすに 天理教 おふでさき 八号 63番 今世意訳 神は、人間が神の言う事を聞かずにいると、怖い、危ない、病気、精神的トラブル等が将来必ず起きてくる、と心配して…

おふでさき

天理教 おふでさき 401 このほこりすきやかそふぢせん事に 月日いかほどをもふたるとて 天理教 おふでさき 八号 62番 今世意訳 人間の心の中は自分勝手、悪等でいっぱいになっております。この心の中を 誠真実 のきれいな心にしなければ、神がどんな…

おふでさき

天理教 おふでさき 400 一れつハみなめへ/\のむねのうち ほこりいゝばいつもりあるから 天理教 おふでさき 八号 61番 今世意訳 人間は神が創りました、神は人間が可愛いいっぱいなのです。神は人間をある目的をもって創りましたが、人間の心の中は…

おふでさき

天理教 おふでさき 399 月日にハみな一れつハわが子なり かハいゝばいをもていれとも 天理教 おふでさき 八号 60番 今世意訳 神は人間をある目的をもって作りました。神にとっては、人間全部が神の子です。神はいつも、子供可愛い、人間可愛いなので…

おふでさき

天理教 おふでさき 398 かみなりもぢしんをふかぜ水つきも これわ月日のざねんりいふく 天理教 おふでさき 八号 58番 今世意訳 雷や地震、風害水害等世の天変地異は、神が、人間をつくった目的と人間が違う行いをしている、人間は好き勝手に行動して…

おふでさき

天理教 おふでさき 397 とのよふなものでも月日しんぢつを うけとりたならみなたすけるで 天理教 おふでさき 八号 55番 今世意訳 嘘を平気でついたり、犯罪を犯したり等、この人間は、来生はとても人間には生まれ変われないであろうと思われるもので…

おふでさき

天理教 おふでさき 396 たん/\とをんかかさなりそのゆへハ きゆばとみへるみちがあるから 天理教 おふでさき 八号 54番 今世意訳 神の御恩ばかりを受け、それに報謝しないで自分好き勝手に、我がまま勝手に人生を歩んでいますと、来世には人間とし…

幸 せ

天理教 おふでさき 395 月日よりなんでこのよにくどいなら あしきみへるがきのどくなから 天理教 おふでさき 八号 53番 今世意訳 神が幾度となく人間に注意・警告を与えているのは、神の言う事と違う事を言ったり思ったりしていますと、その人間に心…

幸 せ

天理教 おふでさき 394 月日よりみなそれ/\とみさだめて 善とあくとをみハけするぞや 天理教 おふでさき 八号 52番 今世意訳 神は人間一人一人の心を見抜かれて、神の言う通りの行いを実行しているか、勝手気儘な心であるのかを見極め、その心通り…

幸 せ

天理教 おふでさき 393 心さい月日しんぢつうけとれば どんなたすけもみなうけやうで 天理教 おふでさき 八号 45番 今世意訳 神の言う事を素直に実行し、人間の心が真実誠にできたなら、神はそれを受け取ってくれるのです。どんな難事も、困りごと悩…

幸 せ

天理教 おふでさき 392 それしらすみなにんけんの心とて わがみしやんをばかりをもふて 天理教 おふでさき 八号 13番 今世意訳 神には、人間が心で思っていることも、日々の行いも、皆わかるのです。人間はそれを知らずに、自分のため、自分の幸せだ…

幸 せ

天理教 おふでさき 391 せかいぢう一れつなるのむねのうち 月日のほふゑみなうつるなり 天理教 おふでさき 八号 12番 今世意訳 神にはとっては鏡に物の形が映るように、世界中の人間全部の心が全て見えているのです。神の言っている事と違う行いをし…

幸 せ

天理教 おふでさき 390 このよふをはじめだしたる月日なら どんな事でもしらぬ事なし 天理教 おふでさき 八号 11番 今世意訳 全宇宙・世界を創り出し、始め出したのは神です。この世、自然界等に起きる全て、人間の心の中までも、神は常に観ておられ…

幸 せ

天理教 おふでさき 389 いかなるのさハりついてもにんけんの 心わさらにあるとをもうな 天理教 おふでさき 八号 10番 今世意訳 人間が病気等になっても、人間の考えではなぜ病気等になってしまったのかは分からない。神は、人間が言う事を聞かない、…

幸 せ

天理教 おふでさき 388 月日にハせかいぢうゝハみなわが子 たすけたいとの心ばかりで 天理教 おふでさき 八号 4番 今世意訳 神にとっては、全世界の人間は全部可愛いわが子なのです。神はいつも、可愛いわが子をたすけたい、救いたいという心で人間を…

幸 せ

天理教 おふでさき 387 たん/\と口でなに事ゆうたとて 月日ゆうよにせねばいかんで 天理教 おふでさき 七号 81番 今世意訳 人間がどんな事を言っても行っても、神の言っている事を実行しないと、快適な人生をおくれないのです。人間は不快な住みに…

幸 せ

天理教 おふでさき 386 とのよふな事ハいかんとゆハんてな たすけ一ぢよせゑているから 天理教 おふでさき 七号 47番 今世意訳 神は人間全部を救けたいと思っております。どんな願い、こんな願いをしてはいけない等とは言わないのです。苦しんでいる…

救 済

天理教 おふでさき 385 しんぢつの心あるならなになりと はやくねがゑよすぐにかなうで 天理教 おふでさき 七号 46番 今世意訳 神の言う心、真実の心、たすけの心になっている人間であったならば、どんな病、トラブル、どんな願いも神に早く願い出る…

救 済

天理教 おふでさき 384 しんぢつに心さだめてねがうなら ちうよぢざいにいまのまあにも 天理教 おふでさき 七号 43番 今世意訳 すべての人間が、真実の心を込めて、本気で一心に神に願うのであるならば、神はその願いを聞き、その人間の真実の心を見…

救 済

天理教 おふでさき 383 この木いもめまつをまつわゆハんでな いかなる木いも月日をもわく 天理教 おふでさき 七号 21番 今世意訳 神は人間を男女の区別差別はしていないのです。どんな人間でも、男女区別なく、真実の心と見定めたなら、神の言うこと…

救 済

天理教 おふでさき 382 このせかいなにかよろづを一れつに 月日しはいをするとをもゑよ 天理教 おふでさき 七号 11番 今世意訳 全宇宙、この世、人間世界等は全て神が支配するところであります。物事一切を神が支配しているのでありますから、人間は…

救 済

天理教 おふでさき 381 それしらすみな一れハめへ/\に みなうゝかりとくらしいるなり 天理教 おふでさき 七号 10番 今世意訳 神は人間の事を常に案じています。神が案じている事も知らないで、人間は自分の事だけを思って我が儘勝手に暮らしていま…

救 済

天理教 おふでさき 380 どのよふな事をするのもしんぢつの 心したいにみなしてみせる 天理教 おふでさき 六号 134番 今世意訳 神は人間の考えの及ばないところにあります。神がどんな救済、いかなる自由自在を現すのも、人間の心に真実の心ができた…

救 済

天理教 おふでさき 379 これをみていかなものでもとくしんせ 心したいにいかなぢうよふ 天理教 おふでさき 六号 133番 今世意訳 この世に現われてくる現象をよく見て、神の言う事を聞いている人間も聞かない人間も、我が儘勝手に暮らしている人間も…

救 済

天理教 おふでさき 378 たいないゑやどしこむのも月日なり むまれだすのも月日せわどり 天理教 おふでさき 六号 131番 今世意訳 人間が子を宿すのも、神の守護のもとに行われます。産まれてくるのも、神の手厚い守護があってこそなのです。神のもと…

へいわ

天理教 おふでさき 377 とのよふな事をするのもみな月日 しんぢつよりのたすけ一ぢよ 天理教 おふでさき 六号 130番 今世意訳 本当に不思議な救けをする、自由自在の働きをする、珍しい事をする等々というのも、全て神が行っている事なのです。神は…

へいわ

天理教 おふでさき 376 このよふハ一れつハみな月日なり にんけんハみな月日かしもの 天理教 おふでさき 六号 120番 今世意訳 この世界、宇宙全体は神が支配をしております。また人間の身体は神が貸し与えているものなのです。人間は神から身体をお…

へいわ

天理教 おふでさき 375 どのよふなものも一れつハかこなり 月日の心しんばいをみよ 天理教 おふでさき 六号 119番 今世意訳 どんなに神の言う事と違う事を行っているものでも、勝手気ままに生きているものでも、世界中の人間は全部神の子なのです。…

へいわ

天理教 おふでさき 374 このはなしなんとをもふてきいている てんび火のあめうみわつなみや 天理教 おふでさき 六号 116番 今世意訳 神の言う事をなんと思って聞いているのでしょうか。神の言うことを、実行しないようであれば、人間には幸いがなく…